AWS認定Alexaスキルビルダーへの道:6:合格しました!

Alexaスキル開発

こんにちは、ハルアキです。

先日、AWS認定Alexaスキルビルダーの試験を受けました。
結果は無事合格しましたよ。

試験の申込み

今回は自宅からのオンライン受験を申し込みました。
模擬試験の時と同様にテストプロバイダーはPSIとピアソンVUEのどちらかを選びます。

PSIの方は受けていないので実際のテストの画面などはわからないのですが
申し込み時点でわかる違いは、試験監督員と試験日時の選択肢です。

試験中に部屋に第三者が入ってくるとNGなので一人になれる時間を選んだほうがよいかもしれませんね。

試験監督員
・PSI ・・・英語のみ 毎日 24時間 30分刻み
・ピアソンVUE ・・・英語と日本語から選択 月~土 9:30~14:30 15分刻み

試験日時
・PSI ・・・毎日 24時間/30分刻み
・ピアソンVUE ・・・月~土/9:30~14:30/15分刻み

※PSIのAlexaスキルビルダーの試験は 2021年の3月22日までで終了とのことです。
その後、バージョンが変わるのか、PSIで受験できなくなるのかはちょっとわからなかったですが、PSIで受けたい人は注意しましょう。

僕は模擬試験と同じくピアソンVUEを選択しました。

試験料金は30,000円(税別)です

試験に向けての準備

試験に向けて、必要なもの、環境を準備します。

必要なもの・・身分証明書

試験当日に写真を撮って提出します。
顔が写っている必要があるので免許証・パスポートなどがあればOKです。

環境としてはパソコンと部屋の準備が必要です。

ピアソンVUEはパソコンは事前に動作確認するためのソフトがあるのでそちらでチェックできます。

部屋は細かくチェックされるようなので、余計なものは隣の部屋に移動させました。

試験当日

開始の30分前からチェックインできます。

まずはシステムテストで、マイク・ネットワーク・カメラ をチェックします。

続いて、スマホでの作業に移ります。以下の写真を取りました。

・自分の顔
・証明書(表・裏)
・部屋の4面

写真のアップロードが終わると、チャットで試験監督員から話しかけられました。
された指示は次のとおりです。

・部屋360度映して
・机の上のティッシュを手の届かない場所に移動させて
・両腕を見せて(腕時計のチェック)

試験中

チェックインプロセスが完了すると、開始時間を待たずに試験が開始されます。
開始すると問題なくテストができているかチャットで確認されました。

試験中は画面上部に自分のWebカメラの映像が表示されています。
僕は特に何も言われませんでしたが、口を隠す仕草などは注意されたりするようです。

試験終了

Alexaスキルビルダーの試験は170分ありますが、僕は見直し含めて100分ほどで終わりました。

終わると試験についてのアンケートがあり、それが終わると結果が表示されます。
完了画面の一部に、さらっと合格とかかれているのでちょっと拍子抜けしましたが、まずは一安心です。
正式に認定されると改めてメールで通知が送られてきます。

試験結果

翌日にはスコアが送られてきました。
スコアは873で、無事合格!
もう少し高いスコアで合格したかったですが、、まだまだ経験値が足りなかったですね。

おまけ:合格特典

Alexaスキルビルダーの認定試験も他の認定試験と同様に合格特典があります。
その中でも次の2点は有名ですね。
・模擬試験無料
・次回試験料金50%オフ
合格してから気づいたのですが、
Alexaスキルビルダーの試験料金は30,000円で、クラウドプラクティショナーは11,000円です。

クラウドプラクティショナーを先に合格して、50%オフを使えば26,000円で2つ取得できたのでは、、試験に慣れるという意味でまずはお手軽な試験に挑戦するのもありかもしれませんね。

まとめ

初めてのAWS認定試験で緊張しましたが、無事合格できました。

模擬試験、Whizlabの練習問題よりも本番は難しい印象でしたが、時間は十分にあるので落ち着いて考えていけばよいかと思います。

公式ドキュメントの内容はもちろん重要ですが、どのようなJSONがやり取りされているかなどは実際に自分でスキルを作った経験が生きたかなと思うところもありました。

まだまだ自分の知識不足も感じましたし、いろんなスキルを作ってみたいという気持ちにもなりました。これからも更にスキル開発にがんばっていきたいと思います。

それでは、今日も素敵なアレクサライフを!

コメント

タイトルとURLをコピーしました